中学生の女子にひげは生える?対策方法と脱毛効果を紹介

口周りの産毛(= ひげ)でお悩みの女子中学生のみなさん!
そんなに悩まなくても大丈夫です!!



中学生女子・ひげの悩み
ひげを含め、ムダ毛の処理をしている女子中学生は2人に一人。


「え!!自分だけだと思ってた!?」


たぶんですが、誰もわざわざ言わないだけです。


中学生女子にひげが目立つようになるのは実はものすごく自然なこと。

ホルモンバランスの影響で、普通におこる現象です。


ですので、まずは安心してくださいね。

特別なことじゃないんです。

(。-`ω-)  って言われても……気になる……いや、ものすごく気になるっす……


普通の現象かもしれないけど、イヤなものはイヤ……


そこで、


代表的な処理方法は、こんな感じかと思います。


中でも「剃る派」が一番多いみたいですね。

カミソリなら中学生のお小遣いでも買えますし、コンビニにも置いてある。

お手軽。


ですが、カミソリ含め、間違った方法で処理してしまうと、


「産毛 → 濃いひげ」

という全然うれしくない育ち方をしてしまうこともあるんです。

俗に言われる「青ひげ女子」になってしまうことも……



Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン  ……


ということで、転ばぬ先のひげ対策、



「正しいひげへの対策方法と脱毛効果」


のご紹介です。


中学時代は本当に貴重な時期。

口周りの産毛をチャチャっとやっつけて、楽しい毎日を送りましょう!


まずは正しい処理方法を知ろう!!

先ほど挙げた代表的な処理法「剃る・抜く・クリーム系(溶かす)」プラス「おまけ」をそれぞれ見ていきます。


【剃る】カミソリを使う場合

一番安くて簡単なのがこちら。

ですが、正しく使うために絶対に忘れないでほしい注意点があります。


  • カミソリは清潔に!!
  • お風呂場で使用しない・置きっぱなしにもしない!
  • 刃の滑りをよくするために石けんを使ってはダメ!
  • 剃る前には顔を温め、保湿クリームなどを塗ること!
  • ケア後には保湿などのお手入れを忘れずに!
  • 剃るときは鏡を見ながら!
  • 毛の流れに沿って剃ること(逆そり禁止)!
ここを守っていれば、お肌へのダメージはだいぶ少なくなります。


でも、カミソリの刃は直接肌に触れているんですね。

産毛だけでなく、肌まで削ってしまう可能性もあります。



(; ・`д・´)  ち、血だらけに……!?


は なりませんが、肌にはそれなりのダメージを与えます。

だから、まずは顔を温める。


温めることで顔の皮ふを柔らかくしてあげましょう。

処理がしやすくなるので、その分肌への負担も減ります。


理想的なのはお風呂上がりですが、そうでない時には蒸しタオルなどで、じっくり顔を温めてくださいね。


濡らしたタオルをレンジでチン(1~2分くらい)でOKです。


そして剃る前の保湿クリーム。



(。´・ω・)?  保湿クリームって、どんなの?


ニベアなんかでもいいですよ。

というか、ニベア、結構優秀。


専用のシェービングクリームや いつも使っている乳液などでも、もちろん大丈夫です。


でも石けんはダメ。

皮ふの脂まで落としてしまうため、その分ダメージが大きくなってしまいます。

バリア(皮脂)がなくなるので、保湿効果もダウン。


ついでに肌を守ってくれている角質もはがれやすくしてしまうんです。


保湿は大事。


刃からのダメージを最小限に抑えるためにも、保湿クリームや乳液などは剃る部分(鼻の下)にしっかり塗ってくださいね。



(;゚Д゚)  産毛が見えないっす……


……塗りすぎです。


剃るのは鏡を見ながら。

産毛がちゃんと見える程度の量で十分です。


ここまで来たらあと一歩!


剃っていきましょう。



毛の流れに沿って「上から下」に優しくカミソリを当てていきます。

刃は水平に、産毛だけを剃るイメージですね。

剃りにくい場合は少しだけ皮ふを引っ張ってあげるとやりやすくなります。


とにかく、優しく、優しくです。

扱っているのは刃物。

あまり強く当ててしまうと肌の表面に傷がつきます。

そこから雑菌が侵入。

ニキビや肌荒れの原因に。


また、傷つけられれば肌も炎症を起こします。

これが黒ずみ(色素沈着)のもと。

鼻の下が、黒っぽくなってしまいます。


カミソリを使う時は、

  • 顔を温め処理しやすくする
  • 保湿クリームなどで肌を保護
  • 優しく剃って、肌へのダメージを少なくする
この3つをしっかり守ってください。


カミソリを清潔に保つためにも、お風呂場に置きっぱなしはダメ。


  • 湿気が多く雑菌が繁殖しやすい
  • カミソリが錆びる
雑菌もイヤですが、錆びたカミソリもイヤ……


錆びたカミソリを当てたら肌がズタボロになります。



お風呂場で使うのもNG。


これは単純に湯気などで滑りやすく、手元が狂うから。

鏡の前に座って、優しくていねいに剃ってくださいね。


剃り終わったら クリームの残りや剃り落した産毛などを蒸しタオルで優しく拭き取ります。

ていねいにカミソリを使っていても、やはり処理直後の肌はそれなりにダメージを受けています。


ここも優しく。

ゴシゴシふいちゃダメ。


最後に(できるだけ刺激の少ない)化粧水や乳液などでお肌の保湿をして完了です。



(=゚ω゚)ノ  はーい! 質問!

カミソリならどんなものを使ってもいいんすかー?


女性用・フェイス用のカミソリを使いましょう。


「I字カミソリ」「T字カミソリ」などがありますが、おススメは「I字」。

こちらの方が細かい部分が剃りやすいです。


T字は刃全体の面積が広いので、どちらかというとボディ用。

ヘッドの小さなタイプのT字なら、顔にも使えます(パッケージに「フェイス用」「ボディ用」などと書かれていますので、確認してみてくださいね)。


値段が安いカミソリはたいてい使い捨てタイプ。

替え刃のついているタイプは値段も少し上がります。


ただし、カミソリの刃はきれいな状態を保つためにも、1か月程度で交換するのがベスト。

使う頻度によっては値段の高い替え刃のついているカミソリの方が安くつく場合もあります。


どちらの方がいい、ということはとくにありませんので、使いやすいもの選んでくださいね。


【剃る】電気シェーバーの場合

顔
もう一つのカミソリが「電気シェーバー」です。

これは個人的にはかなりおススメ。


刃が直接肌に触れません。

カミソリでも正しく使えば肌への負担は大きく減らせるのですが、電気シェーバーはそのリスク自体が少なくなります。


でも、ちょっと高いんです……


100均でも買えてしまう(しかも3本入りとか)カミソリに比べ、電気シェーバーは安いもので2,000円程度。

高いものだと10,000円くらいします。

(※ 中学生女子によく使われているのは3,000円くらいのシェーバーだそうです)


できれば、カミソリより電気シェーバーを使ってほしいのですが、ここはお小遣いとも相談ですね。


ただ、弱点もないわけではないのです。

肌に当たらないということは、深く剃れないということ。

処理の回数が少し増えちゃうんですね。


また、


「剃る前のクリームが必要ない」


とも言われていますが、やっぱりクリームは使った方がいいです。

(シェーバーの種類によってはクリームなどを使えないものもあります。説明書に書いてあるので、確認を)


顔も温めてから。

肌に当てるときは強く押し付けない。

処理後の保湿も大事です。


カミソリでの注意点やNG行為は電気シェーバーでも一緒。

(お手入れ方法は別。水洗いや専用ブラシ使用など、説明書に書いてある通りにメンテナンス。刃の交換は1年か2年に一度です)


カミソリよりも安心して使えるのが電気シェーバーの魅力です。


【抜く】毛抜きで抜く!

これはダメ!!

1回抜くと、しばらく毛のない状態が続くので楽なんですが、次に出てくる時には 今までのものより太く濃い毛になって生えてきます。


毛抜きって 強引に毛を引っこ抜いている感じですよね?


傷つき炎症を起こすだけでなく、毛穴も目立つようになり、さらには黒ずみの原因にもなってしまいます。


人のからだは傷つけられると、次は負けないぞ! とさらに強いものをつくり出そうと頑張ってしまうのです。



(*´Д`)  余計なことしないで~~


でも、強いのを生やしちゃうんです。


また、毛を抜く処理により傷ついた肌にかさぶたができてしまうと大変。

毛穴が塞がれることになるので、毛が、皮ふの表面に出てこられなくなることもあります。


で、そのまま皮ふの中で成長。

鳥肌が立っているような見た目になってしまいます。

放っておけばそのうち自然になくなることも多いのですが、そのまま黒ずみとなってしまうこともあり。


毛抜きでの処理には黒ひげ女子になってしまうかもしれない危険がいっぱい。

おススメできません。


【クリーム】除毛クリーム使用

ひげ対策クリーム
除毛(脱毛)クリームは産毛を溶かすことでムダ毛をなくしています。


でも、肌に除毛クリームを触れさせず 産毛だけにピンポイントで塗るのって、ムリがあるんです。


結局、肌まで溶かしてしまっているのですね(ちょっとですが)。

アレルギーによる皮膚炎の心配もあります。


成長期の中学生女子の肌に良いわけがありません。

こちらもあまりおススメしたくない処理法です。

どうしても使いたい場合には、必ず「パッチテスト」を行ってからにしてくださいね。


脱毛サロンで永久脱毛

普通、行きませんよね……


ですが、本人ではなく、ご両親などが気にして連れて行ってくれるパターンもあるようです。


ラッキーといえばラッキーなのですが、成長期なので毛の成長スピードも早い。

仮に「永久脱毛」であっても、しばらくすると、また生えてきてしまいます。


ちょっともったい気がする……


( ̄▽ ̄)  そのお金で、電気シェーバー買った方がいいっす~

あ、それいいっすね~♪


「抑毛クリーム(ローション)」って何?

最近ちょっとした話題になっているのがこれ。


剃ったり抜いたり溶かしたりするような即効性はないのですが、



「使い続けていると、毛自体が細く、目立たない状態になってくる」

という夢のようなクリームやローションです。



結構市販されている種類も多いですね。

高い商品から1,000円台で買えるものまであります。


どうして使い続けるだけで自然に毛が薄くなってくるか、というと、塗ることによってホルモンバランスを整えるからだそう。


……う~ん。

化粧品でここまでできるのかが まずは疑問なんです。


肌にとってはいい成分も入っていますので、使うのは構わないのですが「毛が薄くなる!!」と期待しすぎるのはどうなのかなぁ……(あくまで個人的な意見です)


でももしかしたら、本当に効くかも。
でも、効かないかも……


試してみたい場合には、


「効果がなければ全額返金」


という保証のついている商品をまずは使ってみることをおススメします。


どうして女子なのにひげが生えてくるの?!

中学生女子・疑問
中学生女子は成長期・思春期の真っ最中。

からだと心がだんだん大人に近づいてくる時期です。


背が伸び、生理も始まり(早い子は小学生の時には始まっているかも)、胸がふくらんできます。


丸く柔らかな女性らしいからだつきになってくるのですね。


また、これまで何とも思っていなかった男子のことが気になりだしたり、友だちとの関係、勉強のこと、自分の容姿のことなどにも悩み・や不安も出てきます。


こうしたことに関係してくるのが「女性ホルモン」という物質。


からだの中でつくられ始めるのが 小学校高学年くらいから中学生くらいの時期なんです。

赤ちゃんを産めるからだになるための準備がスタートします。


でも、つくられ始めたばかりのホルモンのバランスはまだまだ安定していません。

そのため、心も少し不安定な状態なんですね。



(~_~メ)  そんな時にひげって……


と思ってしまいますが、そんな時期だからこそひげ、なのですよ。


多少個人差はありますが、ワキや下(……で、わかってください)の毛も生えてきます。

体毛全般に変化が現れるのですね。


その一部として「ひげ」。

ワキや下の毛も気にはなるけど、ひげは「顔」だからもっと気になる。

でも気にしすぎていると、ますますひげは濃くなってしまうんです。


ひげが濃くなる原因は「ホルモンバランスの乱れ」。


  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 偏った食事
  • 喫煙(は、中学生なので関係なし)
などにより、バランスは崩れやすくなります。


抑毛クリームの効果としても挙げられていましたが、


「ホルモンバランスを整える」

ということ自体は本当に大事なんです。


【対策その①】ストレス発散で薄毛を目指す!

ただでさえ中学生女子のホルモンバランスは不安定。

それに先ほど書いた友だち関係や勉強、気になる男子のこと、「ひげが……」などからくるストレスがプラスされると、ますますバランスを崩すことになってしまいます。


モヤモヤするときにはストレス発散!

カラオケでも、何か叫びながら走るでも(叫ばなくてもいい)、ゆったりのんびりお風呂に浸かるでも、趣味に没頭するでも何でもいいです。


とにかく、1日数分でもいいので「悩みや不安、気になることから完全にフリーになる」という時間をつくりましょう。

とりあえずイヤなことを丸ごと忘れるための時間を持つことは思っている以上に大切です(ずっとはダメ)。


【対策その②】食事も睡眠も大事!

睡眠
塾に通ったり部活動を頑張っていれば、その分帰る時間も遅くなります。

晩ごはんを食べる時間も不規則になり、睡眠時間も短くなってしまいます。


なるべくでいいので、決まった時間に眠ったり食べたりするようにしましょう!

寝る1時間前はLINEもがまん。

スマホの出すひかり(ブルーライト)は、眠りづらくなるだけでなく睡眠の質も悪くしてしまいます。


また、思春期ですので「痩せたい」という気持ちも強いかと思います。

でも、ちゃんと食べてほしいのです。


今はからだを一生懸命につくっている時期。

ダイエットは、この先いつでもできます。

でも、からだづくりができるのは今だけ。


野菜もお肉も豆類もご飯も、みんな大事。


バランスのいい食事をしていると、女性ホルモンも大喜びです。


【対策その③】体を動かし、血行と代謝をよくしよう!

試験期間や受験シーズンになると、勉強も大変。


そんな時でも、1時間に一回は立ち上がって背伸びをしたり、屈伸運動をしたり、簡単な動きでいいのでからだを動かしましょう!


気持ちもリフレッシュ。

血行も良くなり代謝も上がります。


深呼吸するだけでも効果あり。


プチ・ストレス発散にもなりますね。


からだを適度に動かすことは女性ホルモンにいい影響を与え、バランスを整えるのにも役立ってくれます。


【対策その④】新しいことに挑戦!!

中学生女子の楽しみ
「やる気ホルモン」がドバドバ分泌されます。

この時一緒に女性ホルモンも刺激を受け(分泌の際の通り道が近い)、活発に働いてくれるようになります。


何かに挑戦するのはドキドキもしますがちょっとワクワクもします。


楽しくってホルモンバランスも整えてくれる。



(*´з`)  スィーツ食べ放題の大食い記録を更新するっす!!

なんかちょっと違うんだけど……ま、いっか……


いろんなことに挑戦してみてくださいね。



ホルモンバランスが乱れる、というのは、


「女性ホルモンより男性ホルモンの働きの方が活発になっている」


ということ。
(女性のからだにも男性ホルモンは分泌されています)


ムダ毛の成長を抑えるためには女性ホルモンを元気にしてあげることが重要になってきます。



(@_@)  ということはやっぱり抑毛ク……

……のことは、とりあえずおいておきましょう。


対策①から④を積極的に取り入れてみてください。


とくに食べ物に関してはおススメしたい食品もありますので、ちょこっと紹介しますね。


【対策・番外編】女性ホルモンが喜ぶ食べ物!

食べ物でひげ対策
女性ホルモン自体を増やすことは残念ながらできません。
(年齢とともに少なくなっていきます)


ですが、女性ホルモンに似た働きをする栄養素を体内に取り入れることで、同じような働きを期待することはできるんです。

それが、


「大豆イソフラボン」

大豆や大豆製品に含まれている栄養素です。


これを塗るのが「抑毛クリーム」。

摂取する(食べる)ことで、体内に取り入れるのが、いわば「抑毛食事」。


  • 大豆
  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳

( 一一)  ……これ? 特別感ゼロなんすが……


案外普通に食べてるものなんですね。


でもこれが「大豆イソフラボン」を含む代表的な食品。

女性ホルモンの代わりにひげ薄対策に力を貸してくれる「抑毛食材」です。


納豆なら1パック、豆腐は半丁、豆乳ならコップ1杯(200ml程度)で十分。

あと、味噌汁やきな粉なんかもいいですよ。


毎日の食事にできるだけ取り入れるようにしてみてください。

女性ホルモン的な働きをしてくれるので、バランスもしっかり整えてくれるはず。

男性ホルモンの(分泌される)勢いを抑えてくれます。



(*´▽`*)  食べるだけ~~


はい。楽ちんです。

でも、食べすぎはダメですよ。
(たくさん食べたからといって、効果が高まるわけではありません。むしろ、悪影響も出てきます)



(*´Д`)  はい……

中学生女子のひげ・対策方法と脱毛効果のまとめ♪

では最後にもう一度おさらいです。

まとめていってしまいましょう。


ひげ処理のおススメ度は?

〇かみそり

→ 正しい方法で処理を行えば、肌へのダメージがそれほど高くありません


◎電気シェーバー

→ カミソリよりも、さらに安心なのがこちら(ただし、ちょっと高い)


×毛抜き

→ ひげが太く、濃くなってしまいます!!
また、毛穴が目立ってきたり、鼻の下の黒ずみの原因にも。
おススメしません!!


×除毛クリームなど

→ お肌に優しくありません!
皮膚炎になる心配などもあるため、できれば避けてほしい処理法です
(使う場合には、絶対にパッチテストを忘れないで!!)


△脱毛サロン

→ もったいない!!
せっかく高いお金を払って永久脱毛しても、中学生の毛の成長スピードが速いため、結局また生えてきてしまいます


△抑毛クリーム(ローション)

→ 本当に毛が薄くなるのかに疑問が残る……
ローションやクリームとしてのいい成分は入っていますので、興味のある方は使ってみてもいいかと思いますが……
「全額返金保証」のついているものを激しくおススメします


「正しいひげ処理法」は?

  • 顔を温め、皮ふを柔らかくする

    → お風呂上りがベストですが、そうでない場合は蒸しタオルなどで温めてください。
    皮ふが柔らかくなるため、処理もしやすく、肌へのダメージも少なくなります

  • 保湿クリームや乳液などを剃る部分に塗る

    → 刃からのダメージを抑え、肌の保湿にも役立ちます

  • 鏡を見ながら優しくていねいに剃る

    → 刃を水平にし、産毛だけを剃るイメージです

  • 顔に残っているクリームや処理後の産毛などを蒸しタオルで優しくふき取る

    → 処理後の肌はある程度のダメージを受けています。ゴシゴシこすってはダメですよ!

  • 最後にできるだけ刺激の少ない化粧水や乳液などでお肌の保湿をして完了

    ※ 産毛の生え変わる周期は約20日間。
    1か月に何度も処理をしてしまうと、肌の受けるダメージも大きくなってしまいます。
    月に一度程度の処理が理想的です。

注意点は?

  • カミソリを清潔に保つため、お風呂場に置きっぱなしにしない

    → お風呂場は暖かく湿気も多いので雑菌が繁殖しやすいため。
    また、刃も錆びてしまいます

  • お風呂場での使用は危険

    → 剃る場所が「顔」なので、湯気などで手元が狂いやすいい風呂場での使用は避けた方がいいです

  • クリームの代わりに「石けん」を使わない

    → 石鹸は皮脂まで落としてしまいます。
    そのため処理中のダメージも大きくなり、保湿効果も低くなってしまいます

  • 力を入れない
    → カミソリも刃物。ケガのないよう、注意してくださいね

ひげを薄くするためにできること(ひげ薄対策)

  • ストレスをためない

  • できるだけ睡眠時間をとる

    → ムリなら、せめて寝る時間と起きる時間だけでも決めておきましょう

  • 食事はバランスよく

    → こちらも睡眠と同じく、なるべく同じ時間に食べるようにしてくださいね

  • 適度な運動を取り入れる

    → 血行が良くなり、代謝も上がります

  • 新しいことにチャレンジ!

    → やる気ホルモンが大量に分泌されます

  • 納豆・豆腐・豆乳などの大豆製品を毎日の食事に取り入れる

    → 女性ホルモンに似た働きをしてくれる「大豆イソフラボン」を含む食品です

    ➡ どれもホルモンバランスを整えるのに役立ってくれます

終わりに……

今はホルモンバランスが不安定な時期です。

でも、成長期を過ぎ、ホルモンバランスが安定してくれば、顔の産毛もだんだんと薄くなってきます。


それまで、正しい処理法で肌を守っていきましょう!



(`・ω・´)ゞ  どうしても気になるときはお医者さん(皮膚科)でも診てもらえるっす!

治療で目立つ産毛を減らすこともできるっすよ


脱毛サロンなどではなく、お医者さんに相談できるのは安心です。

気になるかもしれないけど、あまり思いつめないでね。



ではでは<(_ _)>
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


中学生女子のみなさんが毎日楽しく過ごせますように!



気軽にサクッとコメントなんかを残してくれると、わたしが泣いてよろこびます!
ぜひぜひ、よろしくです♪ (σ・∀・)σゲッツ!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました